儀礼文化学会式の銘定(新)

タイトルは「儀礼文化学会式 投扇興点式表」。

全部で13通りの形が絵と名前(ふりがな付き)と説明文、点数で示されており、実際の試合で使えるように、名前や得点、対戦相手の名前と得点、そして日付も入れられるようになっています。
得点は低い方から高い方へ、だんだんと紙の中心に向かう渦巻き状に配置されています。また、下段に解釈の注意事項と、試合中のきまりごとまでこまごまと書かれています。特に興味深いのは、同点の場合のきまりです。浅草では決着が付くまで「追投」、つまりサドンデスに入るわけですが、こちらのルールでは「高い銘を出している方が勝ち」なのです。これはなかなか面白いと思います。ただし、それでも同点の場合はどうするかは不明です。

右端に、浅草や「投扇之記」で該当する銘を参考に示してみました。
旧銘定と比較して気が付いた点(銘が全部変わった、という自明な点以外で(笑))を挙げてみます。

名前 読み方 点数 説明文 旧銘 浅草との対比
夢の花 ゆめのはな 無点 花が倒れももせず、落ちもしない
枕を倒してしまった
手習 手習
野分
花菖蒲 はなしょうぶ 10点 扇は落ちている(場所は不問)
蝶は落ちて立ち・倒れ どちらでも
両神山のつつじ
玉淀の勝
花散里、末摘花、
および早蕨、東屋など
華山 かざん 20点 扇は落ちている(場所は不問)
花は枕の上で倒れている
牛島のふじ 松風
桜花 おうか 30点 扇は枕に寄り掛かっている
花は落ちて立ち・倒れ どちらでも
田島ヶ原の桜草 行幸、須磨、若紫など
鷺草 さぎそう 40点 扇は要を下にして枕に寄る
花は落ちて立ち・倒れ どちらでも
御嶽の鏡岩 行幸、須磨、若紫など
隔雲 かくうん 50点 扇は落ちている(場所は不問)
花は扇の下になっている。
  夕霧、鈴虫、
紅葉賀、絵合、蓬生
桃林 とうりん 60点 扇は落ちている(場所は不問)
花は扇の下になっている。
中津峡の紅葉 夕顔、朝顔、
紅葉賀、絵合、浮舟、横笛
白梅 はくばい 70点 扇は枕によりかかっている
花は枕の上で倒れている
狭山の茶 若菜下
紅梅 こうばい 80点 扇は要を下にして枕に寄る
花は枕の上で倒れている
  若菜下
清正の井 きよまさのいど 90点 扇は枕の上に乗っている
花は落ちて立ち・倒れ どちらでも
黒山三滝
越生の梅林
澪標、桐壺
宝船 たからぶね 100点 扇が花の上に乗っている
花は立ち・倒れ どちらでも
天覧山の勝 比翼
(もしくは帚木)
代々木の杜 よよぎのもり 100点 扇は枕と花の間にはいる
花は倒れている
長瀞の岩畳 連理だが蝶は寝ている形
神園 かみその 200点 扇は枕と花の間にはいる
花は立っている
氷川の杜 連理

きまり
1)投人と枕の間は扇5本分
2)正座をしてお尻を浮かさない
3)扇の持ち方・投げ方は自由
4)上表以外のものは「夢の花」とし、無点とする
5)同点の場合は、上位の点式による得点をしている方が勝ちとする