扇の要(かなめ)の修理

投扇興に打ち込んでいるうちに、扇の要(かなめ)がだんだんゆるんできて、うまく飛ばせなくなってしまうことがあります。
その扇を購入した店に持っていけば、たいてい1本あたり1000円程度で修理してくれますが、浅草橋に「どこで購入した扇でも要を修理してくれる」というお店があります。


浅草橋「松根屋

所在地 東京都台東区浅草橋2-1-10
電話 03-3863-1301
営業時間 平日:9:00〜17:30
土曜:9:00〜13:00
定休日 日曜・祝祭日

1本あたりわずか500円で要の修理を請け負ってくれます。ちなみに、ここで購入した扇なら要の修理は無償です。
残念ながら、其扇流の規定に準拠した扇は販売していないようですが、飛ばした扇がすぐに閉じてしまって蝶までうまく届かない…とお悩みの場合、ぜひ要の修理を相談してみてください。