投扇興

投扇興は近代に起りし遊戯にしてかん投壺とうこの戯になぞらへしものなりといふ投壺の戯は所謂君子の爭ひなりといへどその法我國につたはらず且つ漢土にても既にすたれたりといふ投扇興は維新前ゐしんぜんまでは盛に行はれたりと雖も現今はやうやすたれてその方法を知るものまれなり因りて今之を古代遊戯の部に加へたり此の戯が禮式れいしきもつとも正しくして品格ひんかく亦卑しからず故に子女席上せきじやうもてあそびと為すべきものなり而してその方法種々しゅじゅ複雑ふくざつしたるものにあらず宴會江んくわい若くは無聊ぶれうの際即坐そくざに行ひ得べききわめて容易よういなる物なり之を試みんと欲せばよろしく下のを参考すべし


投扇起原

投扇の起は其扇きせんといへるものかつ晝寝ひるいめて席上せきじやうを見るに木枕ぼくちんの上には一羽の蝴蝶こてうとヾまり其扇かたへに在る扇を取て之になげうちしに扇は枕上にとヾまり蝶ははるかにとびりたり其扇その有様の妙趣めうしゅあるに感じて再び扇を取て之になげうつと雖も枕の前後左右に落ちて枕上に止らず是に於て投壺とうこの遊戯をおもおこし十二字を紙につヽみて枕上に置て扇を以て之に投げ勝敗をあらそはヾ彼の投壺の禮法れいはふ嚴密げんみつにしてその調度てうどの多くその煩繁はんばんなるにまさるべしと因りて之を投扇興とうせんきょうと名けてその技の禮法をあらはせしといふ


禮式れいしきの事

通寶つうほう十二字(即文錢)をにしき叉は金入りのきれにてつヽみ蝶のかたちせて金銀の水引みづひきにて結ぶべし是を的玉まとだまといふ
但し即坐そくざはこのしきくわんせず適宜てきヾの紙にて包むべし紙の寸法は五寸四方なり以下即坐は本式に限らずと知るべし