投扇占い

恋運暦」という大人の女性向け占い雑誌の2001年4月号に発表された、投扇興にちなんだという占いです。
「なぜ投扇興なのか」がちっともわかりませんし(^_^;)、解説のページには蝶も扇の絵も全く出てなかったし、そもそも作者も不明なのですが、とにかく投扇興に関係あるものは何でも紹介するという本サイトの方針にのっとり、概要を書いてみます。
(生年月日から「投扇数」を求めるためのなどは、たぶん著作権のからみもあるでしょうから、ここでは割愛します)

そして、その結果に当てはまる基本性格が、次の表だということです。

篝火 繊細、用心深い割に周りに流されやすい性格
若菜 気位が高く短気。夫婦縁が変わりやすい。再婚しがち
薄雲 勝ち気。頑張りやさん。一流好み。勢いで結婚しがち
早蕨 協調性に欠ける。取っつきにくい人。ホントはナイーブ
藤袴 プライドが高くワンマン。浪費家。強い運勢の持ち主
夢浮橋 保守的。引っ込み思案。自信がない。素直さが大事
花宴 社交的だが異性運が変わりやすく、不幸になりやすい
野分 社交性がなくおとなしい。内弁慶。背伸びや無理は禁物
蓬生 猜疑心が強く、苦労性。ストレスをためやすい性格
絵合 誘惑に乗って失敗しがち。開放的すぎて落ち着きがない
梅枝 おおざっぱ。健康にも無頓着で、病気になりやすい
鈴虫 二面性あり。思い切りが足りないが、芸術家肌は活かして

さらにこの後、それぞれの「投扇運勢」に従って、運を開くネイルアートの色や付け爪、デコレーション・リングなどが紹介されていますが、やはりここでは割愛します。
ちなみに私は「早蕨」となり、基本カラーは黄色で付け爪はゼブラ柄(笑)。もっとも、性格の欄を読んでもわかるように、男がやっても意味はないようですが…なお、妻は「蓬生」で緑色だそうです。